ブログでつながる新大陸

インフォメーション
ギルド
1st オリジナル無声映像作品
「人形劇ギルド」
2006.9.20 on sale
TFBQ-18066/¥2,500(tax in)
この商品を購入する
PV視聴
「ギルド」
※45秒視聴
PLAY
PLAy
リンク
オフィシャルサイト
レーベルサイト
アーティストデータ
 

メジロいろいろ・いろいろメジロ

メジロは人懐こい鳥のようでいて 警戒心も強く、人間とつかず離れず 距離感が微妙です。
動作や表情が可愛いいですね。 梅や桜の花の蜜を吸っている様子はお花見のもうひとつの楽しみです。

いろんな様子のメジロです。

 下の画像をクリックしてください 





[PR]
# by ikomanokaze | 2010-02-22 20:35

大阪・花の文化園の花たち

花のガーデンで楽しい遊びのページをつくりました

 下の画像をクリックしてください 




[PR]
# by ikomanokaze | 2010-02-21 17:17

大阪中之島にかかる橋・錦橋

中之島にかかる橋・錦橋の上にはタイルで上方浮世絵が描かれています。それをFLASHでまとめてみました。

 下の画像をクリックしてください 




[PR]
# by ikomanokaze | 2010-02-21 17:13

大阪城のパノラマ

10月29日大阪城の内堀上から見た風景をパノラマ風にしました。少し木々の色づきが感じられます

 下の画像をクリックしてください 




[PR]
# by ikomanokaze | 2010-02-21 17:09

大阪堺市・大仙公園

大阪・堺市・大仙公園のパノラマです。
下の画像をクリックしてくださ
日本庭園の一部をパノラマ風にしました。

 下の画像をクリックしてください 






大仙公園・日本庭園その2です。

 下の画像をクリックしてください 







[PR]
# by ikomanokaze | 2010-02-21 17:03

大阪四天王寺さんと本坊庭園

大阪は京都・奈良のように歴史ある日本庭園がほとんど保存されていませんので、茶臼山・慶沢園と四天王寺・本坊庭園はとても貴重なる存在だと感じます。

小雨の振る中を四天王寺の本坊庭園「極楽浄土の庭」を見学しました。
日本の彼岸信仰の発祥の地に庭園はあると聞きました。


d0041276_2119683.jpg






[PR]
# by ikomanokaze | 2008-11-06 21:19

大阪茶臼山・慶沢園

 天王寺公園・慶沢園は大阪市内に残る少ない文化財のひとつです。

慶沢園の設計・施工を担当したのは当時の高名な庭師であった「植治」こと小川治兵衛だそうです。
住友家がこの地に移った際、約10年をかけて本邸(茶臼山邸)とともに造営した庭だそうです。大阪は文化財の保存をしてこなかった町のように感じます。四天王寺さんから茶臼山近辺に残る文化財を大切にしたいと思います。
下の画像をクリックしてください







[PR]
# by ikomanokaze | 2007-06-30 23:58

大人のための絵本

「大人のための絵本」
先日 美容院で 「大人のための絵本」として 伊集院静の「ノボッチと木」を読みました。
最初の3行を読んだところで デジャブに突き当たりました。

それはアメリカのバージニア・リー・バートンの「ちいさい おうち (The Little House)」を思い出したからです。
この「ちいさい おうち」という絵本の出会いを思い出しました。

子供たちが小さかった頃 当時住んでいた家の近くに 可愛らしい子供のための本屋さんができました。 店内に入るとすぐに 赤いりんごをいっぱいぶらさげた木がありました。本物ではありませんでしたが とても夢が膨らむ木でした。
今でこそ 珍しくはないことですが、この本やさんにはテーブルと椅子が並んでいて 好きなだけ本が読めました。月ごとに絵本作家や絵本画家がきてお話をしてくれました。
子供たちも大好きな本屋さんでしたが 私もお気に入りの本屋さんでした。こんな本屋さんができたことが嬉しくて大喜びしたものでした。 本を買わなくてもこの本やさんのドアを開くだけで幸福になれそうな気がしたものでした。
・・・ところが 悲しいことにこの本屋さんは 経営不振でなくなってしまいました。
この本屋さんで 最初に求めた絵本が「ちいさい おうち」です。

私は この本の最初を諳んじています。
「むかしむかし、 ずっと いなかの しずかな ところに、 ちいさい おうちが ありました。
それは、ちいさい かわいらしい うちでした。 じょうぶな しっかりした おうちでした。
・・・・・・・・」
この「ちいさいおうち」にはりんごの木がありました。
そしてこの絵本は私の心の中にりんごの木を植えました。このりんごの木は「憧れ」「夢」「向上心」「美しい世界」を育ててくれました。
子供たちが成長して 私のそばから巣立っていったときから 私は「ちいさいおうち」の絵本のことも 「りんごの木」のことも忘れることが多くなりました。

美容院で「ノボッチと木」という絵本にであったのも ちょっとしたサインのように感じました。
「大きな森のはしっこにちいさな丘がありました。その丘にひとりの男がやってきてちいさないえを建てました。・・・・」
「ちいさなおうち」は環境問題の本だという人がいました。そう思う人がいてもいいのでしょうが、それだけではかたづけられない「大切なものは何か」を教えてくれる本だったと記憶しています。
「ノボッチと木」も同じように「大切なもの」について思い出させてくれる絵本でした。本の中に流れている空気がとても似ているように思いました。

ほんとうは 人は「大切なもの」ってそんなにたくさんないはずなのに・・・・どんどん増えていって迷路にとびこんだのでしょうか?
d0041276_1525397.jpg

[PR]
# by ikomanokaze | 2007-02-02 15:11

2007年が始まりました。

2007年が始まりました
いろんな会合に出席しても 「2007年問題」 って言葉がでてきます。
今年団塊世代が定年退職することで 職場でも能力の低下 家庭でも 地域でも 元気なシニアの第2の人生をどうしていくのか?
あるNPOでこの団塊の世代の能力の活用方法が議論されていました。
この団塊世代って生まれたときからいつも大問題になりますよね。なにしろ大きな大きなかたまりですから・・・・

世界規模での地球温暖化対策
今年も暖冬っていわれています。もう梅が咲いた、タンポポが咲いた・・・て あちこちで言われます。この温暖化で地球の生物の危機がせまっているそうです。アメリカがイラクで戦争している場合ではないそうです。

地球上で一番二酸化炭素を排出しているアメリカ、ついで中国
そのアメリカは京都議定書に参加していないし、中国は発展途上国並みの特別扱いだそうです。
 副大統領だったゴア氏の『不都合な真実(原題:An Inconvenient Truth)』が映画になるそうですね。

ゴア氏は
「地球温暖化防止のため、このテーマを取り扱った著書「地球の掟 文明と環境のバランスを求めて」(翻訳版はダイヤモンド社)を92年に発表し、ベストセラーとなる。映画化を決意された動機について語ったそうです。

ほんとうに「戦争している場合ではない」そうですね。

d0041276_20355422.jpg


不都合な真実」の映画のURLです。
http://www.futsugou.jp/

今年もよろしくお願いします。
[PR]
# by ikomanokaze | 2007-01-22 20:38

奈良・談山神社の紅葉


[PR]
# by ikomanokaze | 2006-12-07 00:18

Seniorの手探り
by ikomanokaze
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<空>